季節の変わり目

0
151

春の訪れが呼んだのは、少しの体調の異変と未だ手放せない、かけがえのないものへの憂慮の念。

伏せた枕元に置かれた菫の花は不揃いで、だけども何より愛おしい。

萎れてしまわないように水に浸け、ふいに零れた吐息は決してため息ではない。

直に長い冬は終わりを告げるだろう。

拙い夢をも醒ますだろう。
ファンタジー
公開:18/03/30 09:43

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容