願いの代償

2
150

こんな場所までよく来たね。お前があの王の息子かい?事情はわかってるよ。平和だった国に突然魔物があふれて大混乱なんだってね。で、私に助けを求めてきたわけだ。王との約束でね。あと1つだけ、どんな願いでも叶えてやるさ。でもその前に昔話だ。王には借りがあってね。私は願いを3つ叶えると約束した。但し、不条理な願いを叶えるにはその代償が必要だ。願いの大きさに釣り合うだけの呪いがかかるのさ。王は魔物を国から排除して欲しいと言った。私は20年間、魔物を排除すると約束した。しかし、お前の国に魔物が出なくなった代償に、周りの国は魔物で溢れ悲惨な状況になった。それから王は、世継ぎの息子が欲しいと言った。お前が生まれた時に、その代償として王に近しい者が何人も死んだ。あと1つの願いは20年後に息子が来たら叶えてやってくれと王に言われている。
さあ。
願いの王子、いや、呪いの王子よ。
お前は何を代償にして何を願う?
ファンタジー
公開:18/03/28 16:31
更新:18/04/15 17:31
3つの願い 月の文学館

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容