青い鳥

0
148

飛び立っていく青い鳥を追いかける己の姿に、どうしようもない惨めさを感じ、石橋の前で足を止めた。

私を夢と現実の狭間に置いて橋を渡る人々の中に、此処にはもういないはずの人の姿を見つけて、噫とただそれだけをこぼす。

初めから全て、泡沫の幻なんだわ。

瞑った双眸からはじわり、涙の匂いがした。
SF
公開:18/03/29 15:16

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容