奈落。

5
169

──諸君は蟻地獄という虫をご存じだろうか?
家の軒下などにすり鉢状の巣を作り、蟻を巣中に引きずり下ろし喰らう虫である。
大体の虫はかぎ爪になっている為、垂直な面も易々と移動できるが、
蟻地獄の巣は入ったが最後、這い上がる事が出来ない。

──何故か?

それは「安息角」という蟻地獄の巣、特有の角度のせいである。
安息角は砂が崩れないギリギリの角度に常に保たれている。
ほんの少しの衝撃、虫の脚が砂の中に入るだけでもその均衡は崩れる。
自ら崩した砂に脚を掬われ、徐々に奈落へと落ちる蟻の恐怖は如何ばかりか?

などという冗談はさておき、人間が安息角の角度を知り得たとしても、決して真似してはいけない。蟻地獄はやがて羽化して、薄翅カゲロウとなる。
自らの羽をもって地獄から脱出できるのだ。
羽も無い人間が、思いつきで砂地に穴を掘ってみよ。


──俺のように、奈落の底から丸い空を見上げる事になる。
その他
公開:18/03/26 00:54

椿あやか( 猫町。 )

【椿あやか】(旧PN:AYAKA) 
◆Twitter:@ayaka_nyaa5

◆第18回坊っちゃん文学賞大賞受賞
◆紙媒体で単著が出せるよう、精進中です。
◆お問合せなど御座いましたらTwitterのDM、メールまでお願い申し上げます。

◆【他サイト】
【note】400字以上の作品や日常報告など
https://note.com/nekometubaki
【NOVEL DAYS】
https://novel.daysneo.com/author/Tsubaki_Ayaka/



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容