眩しい蛍光ペン

2
180

僕は隣のコウタの机を、気づかれないように横目で見た。コウタのノートの上にシャーペンと一緒に蛍光ペンが転がっている。印刷が剥がれているけっこう古いものだ。
だけどコウタは決まって、そのペンでノートの語句をマークする。

コウタがキャップを開けると、蛍光色の光が溢れてきて目がチカチカした。スーッと文字の上に引いていく様子をじっと見ていた。すると、文字の内側から蛍光色の光が二回ほど点滅してついた。まるで照明のようにこうこうと光る文字は、ノートの上で強く主張されている。

僕はそれが欲しくてたまらなかった。
コウタの目を盗んで、蛍光ペンをサッととり、文字の上に滑らせる。
文字はなぜか、弱くなりながらチカチカと光った。アレ? なんか変だな。そう思っていると、隣から声が飛んできた。

「それ、もう少しで球切れするよ」

そう言って、コウタは筆箱からLEDと書いてあるペンを取り出した───
その他
公開:18/03/27 14:08
更新:19/07/02 11:51

灰谷 ハル

ショートショートが好きな一般人

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容