0
92

今日この卒業式で学生生活が終わる。僕は大学に進まず、就職することにした。まあ親の都合だ。お金に余裕はないし大学に進んでまで学びたいことはない。
そんな僕にも心残りがある。あの子に自分の思いを伝えたいのだ。あの子は大学に進み自分とは違う道に進む。今日この思いを伝えなきゃいつになるか分からない。
彼女に近づいた。そしたら彼女から
写真撮らない?と聞いてきた。
戸惑いながらうんと頷きスマホを彼女の友達に渡し一枚撮った。その後自分から切り出してみた。
「話したいことがあるんだ。二人きりになれないかな?」
うんと頬を赤く染めグラウンドの桜の木の前で告白をし、返事はOKだった。

またその場でも写真を撮ったんだけどその桜の木咲いていなかったのに写真ではピンク色の花びらが舞っていた。あれは桜の木が僕らの為にやってくれたのか友達が花びらをまいたのか分からなかったがいい想い出だった。ねえ、聞いてる?
恋愛
公開:18/03/15 00:29

タデラッチョ♪

月の音色リスナーです。空いた時間を使って月の音色に投稿した作品を出していきます。気が向いたら新作も…

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容