ゲッカビジンとカエル

0
106

 ざぶざぶ池に暮らすカエルは、今日も緑色でした。晴れの日も、雨の日も、いつも変わらず緑色です。
 そんなカエルが、一度だけ赤くなったのは、遠くに綺麗な月が昇った晩でした。
 背の高い、たおやかな花が微笑みを浮かべていました。カエルは心の臓を掴まれたような心地になり、真っ赤になって歌を捧げました。
 そして、カエルはたった一度だけ、青くなったこともあります。それは、赤くなった翌朝に、花が散っているのを見つけた時です。
 カエルは酷く悲しみ、青くなるまで歌を歌いました。その日は雨が降っていて、カエルの歌は雨が止むまで続きました。
 それからというもの、カエルたちは、夜には美しい花を思って鳴き、雨の日には散ってしまったことを嘆いて鳴くのでした。
 青くなったり赤くなったりしたカエルが最後に緑に戻ったのは、思い人の柔らかな葉に似せたから、だとか。
 ——ざぶざぶ池のカエルは、今日も緑色なのです。
ファンタジー
公開:18/03/14 22:09

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容