ひとつ星てんとう虫。

4
198

「ひとつ星てんとう虫。みつけた!」

暮れなずむ川原。小さな娘の姿を隠さんばかりに草木が生い茂っている。
──いいかげんに帰ろうよ。

と、声をかけた時である。
嬉しそうに両掌を籠のように合わせ、娘が駆け寄って来て、言った。

「ママ!ひとつ星てんとう虫。みつけた!」

──ひとつ星てんとう虫なんて種類は無いんだけどなぁ。
──二つ星てんとう虫か他のてんとう虫と間違えているのかな。
田舎育ちで虫好きだった私は、てんとう虫の種類を思い浮かべながらひとりごちた。
──帰ったら図鑑を見せてあげよう。

娘の目線に合わせてしゃがむと、可愛い手の籠が開いた。
中にはてんとう虫。その背中には『星』がひとつ輝いていた。

──わぁ。すごいねぇ。

「でしょう?」

てんとう虫は得意気な娘の指先を登りつめると、ふわりと飛び立った。
そしてそのまま夜空に瞬く一番星となった。

もうすっかり日が暮れていた。
ファンタジー
公開:18/03/11 01:20

AYAKA( 猫町。 )

◆文章・イラストのご依頼・お問合せは下記までお願い申し上げます。
………………………………………………………………………
【AYAKA】文章用アカウント
Twitter①:ayaka_nyaa5
MAIL:nekometubaki★gmail.com(→★を@に変える)

【猫目書房】イラスト・イベント告知用アカウント
Twitter②:bookscatseye
【HP】http://bookscatseye.com/
………………………………………………………………………
★作品に頂戴しましたコメント、少しづつお返ししておりますが中々追い付かず……。
今暫くお待ちください。ありがとうございます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容