2
180

金継ぎに出していたお猪口が帰ってきた。箱を開け紙から出してみると、小さな可愛い金色の桜模様があった。注文通りだ。これでますますお猪口に愛着を持ちそう。ここ最近はホットワインにハマっていたけど、久しぶりに熱燗で一杯やるかな。

===

紙にくるまれ箱に入れられた私は、また車でゴトゴトと運ばれました。あ、どこかに着きました。箱から出され紙を取られると、なんと、ご主人様の顔が見えました。ご主人様は私を一通り眺めると満足そうな顔でうなずきました。
私は捨てられたのではなかったのですね。うれしさに涙がこぼれそうになりましたが、ぐっとこらえました。

ご主人様は一度私を戸棚に置きました。その際、戸棚のガラスに私の姿が映りました。見たことのない金色の桜模様が入っています。
走馬灯のように今までの椀生が駆け巡ります。それと共にご主人様の愛を確かに感じました。

もう、泣かなくていいんですね。

るん。
その他
公開:18/03/10 09:58
茶碗の気持ち

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容