星の子

8
216

星の子はいつも不思議に思っていました。
遠くの空に見えるその青くてきれいな星が夜になるといつもキラキラと光るのです。
その光がなんなのか、星の子は確かめに行くことにしました。
キラキラ光るもの。
それは街の灯?
でもちょっと違うみたい。
ひょいひょいと人混みをすり抜けるようにして飛ぶ星の子。でも街の灯が明るすぎて星の子に気づく人は誰一人いません。
星の子は街を抜け山里へとやってきました。
辺りは真っ暗闇。
すると行く手にチカチカ光る灯が見えました。
それは無数の蛍でした。
そうか、あのキラキラは蛍だったんだ。
星の子は蛍たちと一緒に遊びました。
ふと気づくと、川原に老婆が立っていました。
川にそっと灯籠を浮かべた老婆の頬をキラキラと光るものが伝いました。
その時、星の子は思い出したのです。
お母さん!

老婆はゆっくり空を見上げました。
夜空に小さな星がひとつ、きらきらと瞬いていました。
ファンタジー
公開:18/03/04 22:11
更新:19/04/15 18:39

松山帖句( 松山城の麓 )

松山帖句は俳人になるため修行の旅に出ます。
ここでお会いした全ての人に感謝。
またいつかお目にかかれる日が来ることを願いつつ。
皆さま、ありがとうございました!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容