魔法使い

0
60

ある冬、学校の先生から、町内に不審者が出るから気をつけるように、との話があった。
最近、怪しい人物が民家の庭や花壇で何かをしているらしい。
こんな寂れた町にどうして、とも思ったが、ぼくの家にも猫の額ほどの庭があったので、他人事ではなかった。

ある晩、ぼくが一人で留守番をしていると、庭の方から物音が聞こえてきた。
こっそり見に行くと、ぼろぼろの服を着た老婆が何やら庭でこそこそとしていた。
思わず、あっ、と声を上げると、老婆はすっと消えるように逃げてしまった。
老婆が立ち去ったあとにはいつも通り、世話をする人を失った植木鉢がいくつか置いてあるだけで、特に変わった様子はなかった。

その後、不審者の話は警察沙汰にもなったが結局実態は掴めず、冬が終わるにつれ目撃談はなくなり、住人も老婆の存在を忘れていった。


その春の暖かい日、町中の庭や花壇、植木鉢に色とりどりの美しい花が溢れかえった。
ファンタジー
公開:18/02/27 13:11

TAMAUSA825( 東京と神奈川 )

製暇業/浪費家/曲者/素眠りライセンス所持/文字起こし初心者

AmazonKindleで一冊出しました。
150円で13話入り、スマートフォンで読めます。

薄紅色の風が吹く町
https://www.amazon.co.jp/dp/B07BJL9BM4/ref=cm_sw_r_tw_awdo_c_x_WdWRAbQ7Y6JAY 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容