最後の桜

1
170

「もう、来年の桜を観ることはできないかもしれないね」
 そう言われたことを、ふと思い出した。
 私自身、それは覚悟していた。たぶんそこまでは、もたないだろうと。
 しかし、奇跡というのは起るものだ。冬からの気候変動が良い方向へ影響してくれたのか、今年の桜の開花は驚くほど早かった。

 今、私の前に満開の桜がある。
 薄桃色の雲が湧き立つように広がっている。
「きれいね」
 妻が言った。
「ああ、きれいだ」
 私は答えた。
「一緒にまた、桜を見ることができて、嬉しいよ」
 そう言うと、妻は微笑んだ。涙がその微笑みを洗い流していく。
 私は桜をもう一度見上げ、そして、さらに上を見た。

 青い空に、くっきりと浮かぶその姿。
 禍々しく巨大な彗星は、間もなく地球に衝突する。
公開:18/02/28 10:41

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容