第26話「雪は解けてなくなる」

0
213

その日、バイトを休んで公園でずっと泣いてた。クラスメイトの晴に、肩を抱かれながら。

今朝、前を歩く男子グループの真ん中にいる、晴めがけて体当たりしにいった。文字通りの、体当たり。晴が予想以上にブッ飛んでいったので、逆にびっくりしてたら、反撃がきた。身構えていたからか、晴が手加減したからか、あたしはビクともしなかった。
「お前なー」
晴は笑ってた。あたしも笑ってた。すごく久し振りに、二人で笑った。晴が、短い尻尾を振っている犬みたいに見えて、抱きしめてやりたかった。そしたら、晴が後ろから首に腕を回した。
「チョークスリーパー!」
「うげ、ギブギブ」
周りの男子が、なにお前ら、仲いーなと言って、でも普通にしてた。晴は腕をほどいて、あたしの隣を歩いた。話そうと思って晴の顔を見たら、笑ってるのに笑ってなかった。また話せなくなった。

放課後、晴に呼ばれた。
晴は、転校が決まったんだ、と言った。
恋愛
公開:18/02/26 04:33
更新:18/02/26 15:46
三姉妹 学校

射矢らた( 大阪南船場 )

2018年2月8日SSG登録
Twitter:https://mobile.twitter.com/iruya_rata


<三姉妹シリーズ>
親もとを離れて暮らす三姉妹の暮らしを
ショートショートで綴ります。
長女・葵(あおい) 社会人
次女・茜(あかね) 高校生
三女・翠(みどり) 小学生

そのほか1話モノも書きます!
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容