庭に隠した親父の願い

4
211

親父が病気で亡くなった。仕事もせずに毎日遊んでばかりの俺は、親父といつも喧嘩していた。だから、泣いている母を見ながら、暫くは親父の遺産で遊んで暮らせる。そんな風に考えていた。
「庭にある桜を掘り起こすなよ」
死ぬ間際、親父が俺に言った。葬式の後、俺は早速桜の下を掘ってみた。親父の言う事なんか聞いてたまるか。土の中には箱が埋まっていて、中に一枚の紙が入っていた。
『狸の置物の中を覗くな』
何だこれ?俺は庭に置かれた狸の中を覗く。そこにも紙があった。
『植木鉢を裏から見るな』
又か。
『池の側の大きな石を動かすな』
『小屋の天井を見るな』
親父が残した紙はまだまだ続いた。
『これが最後だ。絶対に箱を開けるな』
箱に書かれた文字を指でなぞる。病気のくせに、なんでこんなこと。箱を開けるとやっぱり紙が入っていた。
『真面目に働いて母さんを安心させるな』
馬鹿野郎。親父の言う事なんか絶対に聞くもんか。
青春
公開:18/02/26 23:16
更新:18/12/30 09:24

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容