海星の祭

2
180

閉園のアナウンスが流れるまで一日中魚たちと一緒に過ごした、水族館の帰りのこと。
バスは雪のせいで運休になり、海岸沿いを歩いて帰ることにした。

真冬の夜の海には、さらさらと降る雪と、波の音だけが響いていた。

気がつくと雪の粒子は小さな星に変わっていた。
道や海にも、無数の小さな星が漂っていた。
上空にゆっくりと動く光のかたまりが見えた。あれは彗星だろうか。

ふと、目の前をきらりと何かが横切った。アジだ。
空を横切る彗星に見えたそれは、イワシの群れだった。
辺りを見渡すと、色とりどりの魚やイカ、カニたちが、ぼくの脇を通り過ぎて行った。
大方、客が誰もいなくなったのを見計らって、この星くずのようなプランクトンをお腹いっぱい食べに、水族館を抜け出して来たのだろう。

魚たちのお祭りだ。
邪魔してはいけないと思い、ぼくは再び帰路に就いた。

電車に乗る頃には、雪はやんでいた。
ファンタジー
公開:18/02/26 21:50
更新:18/02/27 16:25

TAMAUSA825( 東京と神奈川 )

アイアムジャストアサラリーマン

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容