メダカ

2
3

 蛇口をひねると、水でできたメダカたちが現れた。
 水だから飲んでも大丈夫のはず。
 そう言い聞かせて、目の前をゆっくり泳いでいたメダカをパクリと食べてみた。
 確かに水だったのだけれど、しばらく口の中でジタバタしているのが、何だかイヤだった。
ファンタジー
公開:20/11/22 06:48
マジックリアリズム 『幻想日和』

海棠咲

 幻想小説や怪奇小説を自由気ままに書いています。
 架空の国、マジックリアリズム 、怪談、残酷なファンタジー、不思議な物語が好きです。
 そこに美しい幻想や怪奇があるならば、どんなお話でも書きたいと思います。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容