ひとりでいきる

12
7

友人Eが変なことを言い出した。

「僕はひとりで孤独に自由に生きていきたい」

それはお前には無理だろう。俺に相談してる時点でアウトだ。

「へー、じゃあ具体的には?」

「どこかの無人島で野菜作ったり、鳥捕ったりしてさ。誰にも煩わされないところで絵を描く」

「そうか、わかった。思う通りにするといいよ。じゃあこうして会うのも今日が最後だな。元気でな!」

「え、ちょっと待って、そこは引きとめるとかしないの?」

「だってひとりで生きたいんだろう? その願いを俺は叶えてやりたい」

「そうだけど…」

「あ、言っとくけど、無人島だって所有者や管理者がいるし不法侵入に気を付けろよ。動物とか天然記念物とるなよ。下手すりゃ刑務所行きだ。ひとりで生きられないぞ」
「あと、スマホ使えないだろうから気が変わったら<三角の石>を探せ。それに向かって俺の名を叫べば助けに行くから」

(君は何者なんだ?)
ファンタジー
公開:20/09/16 16:08

さとうつばめ( 東京 )

東京生まれ。
読書するジャンルは時代もの多め。ふふ。

*プロフィールお堅いので変えました。
書くの面白くて連投しましたが、長く続けるためにゆるゆるやっていこうかな。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容