仮面ライダーV

3
3

仕事を終え、疲れた体で帰宅する。こんな日は甘いものが食べたいなぁ…何て事を言って妻に甘えてみた。今日はバレンタインだからね。
妻はにっこりと笑って僕に1枚のカードを差し出した。そっ…それはっ!
「あなた、説明して貰える?確かこの日は会議で遅くなるって言っていたわよね?それなのにこの日付の入ったキャバクラの名刺。これはなぁに?」
だらだらと嫌な汗が流れる。僕は踵を返し、家から出ようと扉に手をかける。
「甘い!」
元女子プロレスラーの妻はジョニーバレンタインの得意技であるエルボースタンプことブレーンバスターを僕にかました。
続けて妻は節分で使った鬼のお面を被ると問答無用と言わんばかりに僕を無理やり立たせた。元レディース総長の妻はファイティングポーズを取る。
息子が声高らかに宣言する。「デデーン!父さん!アウトー!」
同時に「くらえ!バレンタインデーキック!」と妻のキツイ蹴りが私の尻に放たれた。
公開:20/02/14 18:32

どんぐり三等兵

元・パンスト和尚。2019年7月9日。試しに名前変更。
元・魔法動物フィジカルパンダ。2020年3月21日。話の流れで名前変更。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容