くるり

16
9

散歩中、月曜14時44分の児童公園脇の公道で突如、聞き覚えはあるが聞こえるはずのない物音を聞いた僕は、散歩を中断して物音の聞こえた方、即ち児童公園内部に約4m44cm進入した。
無人の児童公園には、もはや遊具の態をなしていないブランコの外れたブランコが、4年と44日分の錆を被って沈黙している。脇道からブランコまでの距離の半分、約2m22cmの上部支柱に連結された逆V字脚と、約44cm隔で計4個設置された鎖の接合金具と、14時44分の太陽射光が、首のない棒人間とでも表すべき影を黄ばんだ緑地に投影している。
そこにあるはずのない第4の『何か』が、棒人間の肩と膝、踵からくるぶしを貫いて、周軌道のほぼ正確な不等径円弧を4本引き足した平面図を確認した僕は、先刻聞いた音の正体を特定するに至った。
ずり、ずりと地面を踏み擦る様なあの音は、長期の四足待機に疲れたV字脚が、順番にコンパス運動をしていたのだ。
ファンタジー
公開:20/03/26 09:15
更新:20/03/26 09:23
散歩道で見た シーズン2-⑧ ブランコ支柱のコンパス

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。
小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。
htpps://www.amazon.co.jp/小石-創樹/e/B07H75YIG8

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち
ショートショート・アソート
Ver.0~街角のキセキ(※無料お試し版)
Ver.1~フラワリング・ライフ
Ver.2~机上ファンタジア
Ver.3~リトル・リドル

選集
花神の庭

詩集
君に伝えたかったんだ。

いつも本当に、ありがとうございます!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容