26
28

初春の晴れた休日、美しい牧歌的な原風景が見られると噂の農村を訪ねたときの出来事だ。
辺り一面には水田地帯が広がっていたのだが、看板には『桜圃』と書かれていた。
不思議に思い、水田で作業の真っ最中だった農家と思しきひとに尋ねてみた。
「看板に書かれている、あの漢字は何と読むんですか?」
「『桜んぼ』と読みます」
「サクランボ!? 水田からサクランボができるんですか?」
「食べられる果実のサクランボではなく、桜そのものを移植するんです」
「桜を移植する?」
「そうです。田んぼは漢字で『田圃』と書くでしょ。ここでは、稲の苗のかわりに水桜を移植するので、桜んぼで『桜圃』と書きます」
「わかりました。ところで、水桜とは何ですか?」
「ある農業試験場で芝桜を品種改良して、水面でも桜の花が咲くようにしたんです」

春本番となれば、この水田地帯には芝桜ならぬ水桜の花が満開となり、辺り一面に咲き誇るという。
その他
公開:20/03/07 07:25
更新:20/03/07 11:32
初春 原風景 水田地帯 農家 サクランボ 田んぼ 田圃 農業試験場

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、学生時代は京都、湘南で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
まだまだ駆け出し中。読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容