ぐうたら亭主とコタツ

14
10

その亭主は、働きもせず、一日中コタツの中で過ごしていた。妻はついにたまりかねて激怒した。
「あんたみたいなぐうたら亭主、もう出ていっておくれ!」
「ああ、出てってやるよ!このあったけぇコタツがあれば生きてけるんだ」

亭主はその夜、コタツを担いで家出をした。とりあえず近くの公園で眠ることにした。
「なんだよコタツ、今日はずいぶんと俺に冷てぇじゃねーか」
「そんなこと言われてもダンナ、電気を食わないとあったかくならねーよ」
「電気だと?電気食って生きてたのか」

亭主はコンビニにやって来た。
「お兄さん。電気ちょうだい」
「は?電気は売ってないんですよ」
そこへ、妻がやって来た。
心配して後をつけていたのだ。
「なにバカやってんのよ。帰るわよ」
「やっぱり俺に惚れてんだな」
「違うわよ。バカな亭主の妻だって、ご近所さんに冷たい目で見られたくないんだよ」

「そんなやつ、コタツで温めりゃいい」
その他
公開:19/11/19 12:47
スクー 家出するコタツ

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。お笑い好きで怪談も好き。
最近はスクーのお題からの作品を楽しく書かせていただいてます。お笑いネタのような作品が多いですね(笑)
【受賞作品】
「渋谷シティ」
渋谷ショートショートコンテスト優秀賞受賞。
「我が家の食卓」
ベルモニーショートショートコンテスト入賞。
「電車家族」
隕石家族ショートショートコンテスト入賞。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容