新月の夜のこと。

18
11

 新月の夜のこと。
 いつものように、タクシーを運転していると、ひとりの若い女が、手を挙げていた。もう、午前2時を回っている。
 女の前で停車する。幼い顔立ちの女だ。
 「よかった。タクシーを呼ぼうかと思ってたんです」
 「それはそれは、ナイスタイミングでしたね。行き先は?」
 「あ、とりあえずまっすぐで」

 彼女は二十歳を迎えたばかりらしい。しかし、正直二十歳に見えない。まだ、高校生くらいに見える。
 彼女はとても楽しげに話をした。駅前の居酒屋で、カシスソーダを一杯飲んだこと。どうしても会いたい人に会うために、田舎から出てきたこと…。
 「それで?会いたい人には会えたんですか?」
 彼女は歌うように言った。
 「会えましたよ〜」




 次の瞬間、首筋がひんやりとした。
 「え?」
 刃物が…包丁が…首に…。
 「ふふ、やっと会えましたね。ねぇ、刺されたいって言ってたでしょ?」
ホラー
公開:19/11/18 18:23
更新:19/11/18 18:36
10101298さんへ 2日連続のサイコパス女 10101298さんの コメントから 発想を得ました

すみれ( 群馬県 )

書くこと、読むことが大好きな大学3年生です。
青空に浮かぶ白い雲のように、のんびり紡いでいます。
・プチコン「新生活」 優秀賞『また、ふたりで』
・ショートショートコンテスト「節目」 入賞『涯灯』

コメントは、ゆっくり読ませて頂いています。

Twitter @sumire_ssg 
Instagram @sumire_ssg

【新作のおしらせ】
『望演鏡』
https://short-short.garden/S-uCTiCx

7月の目標
静謐さを大切に。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容