歯ごたえがいい飛行機

14
13

昔、この世界には巨人達が住んでいた。
巨人達は人間の作る乗り物が好物だった。
自動車や電車を捕まえては食べるのだが、とりわけ飛行機が大好物だった。
人間には大迷惑な話だった。
ところで巨人の子供は飛行機ばかり食べていたので、アゴが弱くなった。
飛行機はアルミでできていて、簡単に噛み潰せるからだ。
そこで、巨人達は人間に注文をつけてきた。
もっと歯ごたえのいい飛行機を作るようにと。
人間はしぶしぶゴム製の飛行機を作った。
すると巨人の子供達はゴム製の飛行機を噛み切れずに飲み込み、喉に詰まらせて死んでしまった。
巨人の両親達はたいそう腹を立てたが、むしろ人間はこれに味を占めて、どんな乗り物もゴムで作るようになった。
しばらくすると巨人達はみんなゴムを喉に詰まらせて死んでしまった。
以来、ゴムの乗り物は事故を起こしても壊れず死亡事故はなくなった。
今では巨人は交通安全の神様として崇められている。
ファンタジー
公開:19/11/18 22:57

水素カフェ( 東京 )



コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

小説のジャンルとしては、ミステリやホラーを目指していますが、
ここではあまりこだわらずに書いてみようと思っています。

------------

新作、人物設定の仕込み中…。


『I国遺跡探訪』(原稿用紙25枚)
行方不明の父を探すため、娘が中央アジアへ旅行する話です。
純文学です。

https://sakka.org/training/?mode=view&novno=18058
たくさんのコメントありがとうございました!
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容