8
6

『4月も半ばでありますが、この町の春の訪れはまだのようで…』
アナウンサーが異常気象を伝える。本来なら温かな日差しと陽気に包まれなきゃいけない4月、この町にはまだ雪が降る。まるでここだけが冬に取り残されたようだと世間を騒がせている。
その原因は僕にある。
今、我が家に雪女が住んでいる。本来なら春一番に乗り、北の山へと帰って行くのだが彼女はそれに乗りそびれた。
僕は弱っている彼女を放ってはおけず、一緒に暮らすことにした。町の皆には非常に申し訳ないと思っている。
だけど、もう少しの辛抱だ。皆、もう少しだけ我慢してくれ。
僕は家に帰るとクーラーの効いた冷たい部屋でテレビを見ている彼女の手を取った。
「僕と結婚してくれ」
彼女の薬指に指輪を填める。
突然の事に彼女は顔を赤くさせ、頭から湯気を出し始めた。
雪女の雪が解けると雪女は人間になる。
雪を解かす方法は燃え盛る熱愛である。春はもうすぐそこだ。
恋愛
公開:19/11/17 19:27

どんぐり三等兵

元・パンスト和尚。2019年7月9日。試しに名前変更。
元・魔法動物フィジカルパンダ。2020年3月21日。話の流れで名前変更。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容