銃撃に倒れた父の遺言がはじまる

24
13

何者かの撃った一発の兇弾が、父の胸を貫いた。
私の腕の中で父は吐血しながら、息も絶え絶えに語り出す。
どうやら私は実の息子ではないらしい。
「なんだって!」
だが、本当の息子だと思って育てたと父は涙する。
母が事故で死んだというのは嘘だ。
「そんな!」
母は他の男と駆け落ちたのだ。
その男というのが、私の通っていた学校の教師らしい。
「なんだと!」
父を撃ったのは、その教師と母の間に生まれた子供だ。
「そんな!」
だが父は復讐をしてはならないという。
お前の異父兄弟なのだからと。
「わかったよ……」
それからも父の話は一時間以上続いた。父はかつて犯罪に手を染めていたことがあること。今は手を洗ったが、莫大な隠し財産があること。その隠し場所と秘密の暗号。今まで黙っていたことを父は詫びた。
「あ、そうそう、お前の本当の父親の話もしておかないとな……」
「まだあるのかよ!」
父の話は終わらない……
その他
公開:20/01/09 08:55
遺言

水素カフェ( 東京 )

 

コメント是非お願いします!
小説家になるために文章の勉強をしています。
もし何か気が付いたことがあれば、どんなことでも教えて下さい。
よろしくお願いします。

------------

4/30 長編の第11話「学園長リーニャ とんでもねえ化物を召喚する」を投稿しました。
https://kakuyomu.jp/works/1177354055234036632
カクヨムオンリーの異世界ファンタジーです。

4/23 『木からおりれなくなった仔猫』を絵本にしました。(1000PV達成)
https://ehon.alphapolis.co.jp/content/detail/3348
登録なし、無料で読めます。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容