続・お熱いのがお嫌い

24
12

雪女は哀しかった。
初めて人に頼られたのが嬉しくて、願いどおり雪を降らせた。喜ぶ彼と話したかっただけなのに。

雪女は右手を鋭く斜めに振り下ろした。
柔らかなゲレンデが一瞬にしてぶあつい氷に変わる。
…いい気味。
涙を堪えて帰りかけ、ふと立ち止まった。
一回だけ…。
彼女は風に乗って頂上まで上り、そっと腰をおろした。えいっ!
「きゃーーーっ」
誰もいない氷のゲレンデを一気に滑り降りる。
ぼふっっ!
思いっきり雪に突っ込んだ。普通なら死んでるが、そこは雪女、平気の平左である。

たの、しい…♡

何度も滑り降りるうちに、彼女はうっすら汗ばみ始めた。
…汗!?やばっ、溶けちゃう!
慌てて雪の中にダイブする。ひんやり感が気持ちいい。
ああ、雪って冷たいのね…(←天然)
火照った体を冷やした雪女は、笑顔で住処へ帰っていった。

翌朝。
彼女は、氷雪界史上初めて風邪をひいたレアな雪女と評判になった。
ファンタジー
公開:20/01/09 19:09
前作の続編 併せてお読み頂けたら嬉しいです こういう女性、結構好きです

秋田柴子

お立ち寄り頂き、ありがとうございます。

2018年 創作を開始(東京新聞300文字小説)
2019年 11月よりSSGの庭師となる。
2020年 SSG・ベリショーズなどで活動の傍ら、SS・短編・長編の文学賞に応募。
初の長編『ころつけ亭へいらっしゃい』が、第二回日本おいしい小説大賞(小学館)の最終候補に。

ショートショートマガジン
『ベリショーズvol.5』
『ベリショーズライト』
に掲載させて頂いております。
Kindleにて無料配信中!ぜひご覧下さい。

東京新聞300文字小説  優秀賞1回 入選2回
SSG 空想競技コンテスト 入賞

https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容