隠しコマンド

4
7

A「『自分の身体のことは自分が一番分かってる』なんて言うけど、そうとも限らないからね」
B「そうだよね」
A「隣のクラスのあいつなんかね、右足を踏まれた状態で左耳を引っ張られると両目から虹色のビームを放ちながらフリーズする体質なのに自覚ないんだ」
B「え、そうなんだ…」
A「あ、しまった! ごめん、人のこういうこと勝手にしゃべっちゃダメだね。忘れて」
B「そんな強烈なインパクトの話、まず忘れられないと思うんだが」
A「心配無用」

AはBの口にシナモンスティックを二本差し込み、右肩を鷲掴みにし、もう一方の手で両目を覆い隠し、左の耳元で「マシニトノト」と小声で囁いた。

Bの、直前のちょうど三分間の記憶が消えた。

B「…あれ、今何の話してたっけ? そしていつの間にシナモンがこんなところに…」

A「君がハマってるゲームで隠しコマンドを発見したって話だったよ」
Aは何食わぬ顔で言った。
その他
公開:19/08/14 00:12
隠しコマンド

PURIN

超ド級の素人です。他サイト様でも書かせていただいています。
Twitter @maybePURIN

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容