加奈子の箱

14
16

「昌弘さん、加奈子さんの荷物が届いてるわ。明後日が挙式なのに。気が早い人もいるもんね」
母は玄関の前に置きっ放しだった事をぶつくさ言いながら荷物を正弘に渡した。

白地に赤の模様の箱
最初はデパートの包装紙に包まれた結婚祝が届いたかと思った。

加奈子とは見合いだ。
母が加奈子を気に入った事もあり、会ってまもなく結婚の日取りが決まった。

箱を見ると伝票が貼ってない。
奇妙だな?と思った時だ。

す…ねぇ…フフフ

子供が何人か笑いながら、何かを話している。

ーー声は箱からだった。


『…お兄さん、加奈子好き?』

『僕たち、加奈子の子だよ』

『でもね…生まれてきてないの。加奈子いらないって』

恐怖で目を閉じたいが目が自分の意思と反して箱を凝視する。包装紙に包まれてると思った箱は木を白く塗ったものだ。
赤いのは…小さい手だ無数の胎児が這ったような…

『ねぇ加奈子の事、まだ好き?』
ホラー
公開:19/03/18 00:10

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容