4
6

私は人里離れた病院で看護師をしている。看護師の仕事は大変そうと皆言うが私の仕事はとても楽だ。
この病院という名の監獄に収監されている、患者という名の囚人を見張る仕事。看守と同じだ。
そんな楽な仕事の為、ここの看護師は1カ月で交代になる。名目上、患者に影響を受けない為と言うがここの患者に何の影響を受けるんだか…
奥の一室がやけに騒がしい。女王と呼ばれる者の部屋。妖精が見えると宣う変人だ。
注意する為、目抜き窓を開く。そこで私は見た。
無機質な病室なはずなのにそこは花畑が広がっていた。羽の生えた妖精が歌い踊る楽園だった。
『あら?お客様?』
妖精がこちらに飛んできた。目抜き窓から飛び出し、私の手の上に乗る。
『さ、早く中に入って。楽しいよ』
ああ…ああ…女王の言っていたことは本当なんだ!
私は妖精に誘われるまま病室の鍵を開けた。

僕はその様子を監視カメラで見ていた。
「また連れて行かれた…」
ホラー
公開:19/03/15 18:24

魔法動物フィジカルパンダ

元・パンスト和尚。
7月9日、試しにペンネーム変更。気分転換を図る。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容