お忍び老ロボット

4
6

老ロボットが悪党どもを問い詰めていた。
「ええい! かまわん、ぶっ壊せい!」
突然、悪党どもが襲い掛かる。
「通さん帳さん、懲らしめてやりなさい」
老ロボットを護衛していた2体の若ロボットが、襲いくる悪党どもを相手に見事な立ち回りをみせる。
次々と倒されていく悪党。その様子を窺っていた老ロボットが「通さん帳さん、もういいでしょう」と制止させた。
「静まれ! 静まれ、静まれぃ!」そう言いながら帳さんが懐から何かを出した。「この磁気カードが目に入らぬか!」
帳さんの手には古びた磁気カード。
「こちらにおわす御方をどなたと心得る。恐れ多くも現金自動預け払い機、ATMにあらせられるぞ!」
帳さんに続き、通さんが声を張り上げる。
「一同の者! ATMの御前である頭が高い! 控えおろう!」
「磁気……」思わぬ展開に狼狽を隠せぬ悪党どもであったが、そのうちの1人がポツリと呟いた。「時代はICカードだぜ」
SF
公開:19/04/09 23:55
更新:19/04/10 10:42
お忍びATM スクー

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容