おばあちゃんの知恵

14
13

ナオさんは80歳になった。
いつも庭から登下校の小学生を見守っている。

今日も授業が終わったようだ。
男の子たちは通学路でふざけ合って、なかなか家に帰ろうとしない。

ツバメが目の前を飛んで行った。
ナオさんは子どもたちに呼びかける。
「早くおうちに帰らないと降ってくるよ」

しばらくして、ポツリポツリと雨が落ちてきた。
「あのばあちゃん、スマホも持ってないのにすげーな!」

ツバメが低く飛ぶと雨。昔からの知恵だ。
「今の子は知らないんだね」とナオさんは笑う。

彼らが知らないことは、それだけではなかった。

このツバメ、ナオさんが作ったロボットだったのだ。
その他
公開:19/04/04 23:19
更新:19/04/05 00:31

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容