SoCo & Ginjer

15
37

 店主はまるでグラスに魔法をかけるように、氷をくるくる回し始めた。ぴたっと止めたら水を捨てて、お酒を注ぐ。『Southern Comfort』、南の島の楽園みたいなお酒だろうか。それをジンジャーエールで割って、仕上げにライムを搾ってくれた。
「はい。ソコジンジャー」
 店主が魔法をかけたお酒は、夏休みの味がした。
 希望に満ちた空気を真っ向に受けて、路地裏を走り抜けた無敵の少年時代。少年に味わえるはずのない洗練されたお酒の味に、もう後には戻れないのだと思い知らされる。夏休みの幻影が、「お前は大人だ」と罵倒してくるようなお酒だった。
「夏休みの味がする」
「うん。ラムネの味するでしょ」
 グラスに口を付けるたび、魔法の氷に恋人の笑顔が映った。氷が解けるにつれて、夏休みの幻影も薄れていく。それを追いかけるように、残りを一気に飲み干した。グラスが空になると、心は愛で満ちた。
青春
公開:18/12/22 00:58
undoodnu祭り その影が追いたい

10101298

書き手さま読み手さま、私の名前が読めない皆さま、交流大歓迎ですっ。
Twitter: https://twitter.com/1o1o1298

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容