宝石箱

8
10

「これ、やるわー」
唐突に彼からお弁当箱くらいの箱を渡された。
「なにこれ?」
「宝石箱」
「宝石箱ぉ?」
ケチな彼が宝石なんてくれるはずがない。
宝石が入ってるにしては箱がちゃっちい。
ははーん。
これ、蓋を開けたら何か飛び出すのではないだろうか。
所謂、ビックリ箱。
よーし、何が飛び出してきても無表情ノーリアクションだ!
そう覚悟を決めた私は、勢いよく蓋を開けた。

何も飛び出してこなかった。
というか、これ……。

「うわぁ、ホンマやぁ! 宝石箱やぁ! 宝石と言うより、海鮮やぁ! って、弁当やんけ!」

そう、箱の中身はイクラやウニなどがぎっしり詰まった弁当だった。
「くくくっ」
嬉しそうにしてる彼を見るに、ノリツッコミは今ので良かったらしい。
「それ、北海道産のイクラやウニやで。割りとガチで宝石箱やぁ!」
「へぇ」
「まぁ、お取り寄せやから鮮度は落ちとるけどなー」
「アカンやん!」
その他
公開:18/12/06 23:59

壬生乃サル

漫画、ダジャレ、オノマトペが好き。
浮きも、憂きも、ウキウキだ!(サルだけに)

2019年目標
・SSG全部読む!(2019年分限定)
 ※現在、まだ1月初頭をうろついてます。
  たまにタイムスリップしています(笑)
・500まで(180本)ノック!+α
 36/180 (2月14日時点)

2018年(5月13日~12月31日)
・壬生の(320本)ノック!完走。


壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容