かゆいところがあっても言えない魚拓

10
13

俺は普通の会社勤めの魚拓だ。
今日は先端がほつれてきてしまったため、散髪に来た。
「今日はどうなされますか?」
「シャンプーして、全体的にすいてください」
「はい、かしこまりました」

俺はシャンプーされてふやけた。
うろこのところがちょっとかゆい。
「お客様、かゆいところはございませんか?」
ある。
うろこだ。
うろこがかゆい。
だが、ぬしとまで呼ばれたこの俺が、そんな恥ずかしいことを言えるだろうか。言えまい。

「お客様、サラサラですね」
「ああ、そうか」
上質な紙だからな。サラサラもしている。
だが、うろこがかゆい。
どうにかならないものか。

「ありがとうございました」
言えなかった。
うろこがかゆい。
どうすればいいんだ。

同僚の魚拓に訊いてみた。
「かゆいところあるかって訊かれたら、どうしている?」
「切ってもらうかな」
「お前それ、穴ぼこやんけ」
同僚は腹に穴が開いていた。
ファンタジー
公開:18/11/28 00:21

undoodnu( 日本:東京23区 )

元NEET。ITエンジニア・小説家・インデックス投資家。人生迷走中。
構成の凝った作品が好きです。
雑絡みOK!

電子書籍発売中:
https://www.amazon.co.jp/undoodnu/e/B07MK93FWK

Twitter:
https://twitter.com/undoodnu

note:
https://note.com/undoodnu

ベリーショートショートマガジン「ベリショーズ」参加&編集&IT技術顧問:
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PDJ6QPL

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容