生卵の剣士

12
11

子供のいない夫婦が毎日お祈りをしていると飼っていた鶏がこの卵を育てろと喋りだした。
神のお告げだと信じた夫婦は卵を大切にした。数年経ち、それまで無言だった卵が突然立ち上がり腕試しをしたいと言い出し、衣服と刀を拵えて旅に出てしまった。
一方ある村では、毎晩山賊が現れ強奪を繰り返すので困っていた。そこで村人達はなんとか工面し用心棒を雇った。しかしやって来た剣士はあの卵だった。
少額で引き受けてくれたのは彼しかいなかったのだ。
その晩、村人の心配を他所に卵は難無くと山賊を追い払ってしまう。
その活躍に感心した村の長は娘を剣士に嫁がせた。
甲斐甲斐しく身の世話をしていた嫁であったが、ある日お風呂の湯加減を間違えゆで卵になってしまった。
悲しんで泣いていると突然卵が割れ、中から立派な青年が現れた。
それから卵夫婦は立派に働き村を再建して、両親を呼んで幸せに暮らしたという。
ファンタジー
公開:19/01/28 11:18
更新:19/01/28 15:55

林 孝光( 東京 )

1日1作、昼の12時頃に投稿しています。

普段は四コマ漫画を描いたり、イラストを描いて遊んでいます。

趣味はジャズピアノです。

ショートショートは中学生の時に筒井康隆先生に出会って衝撃を受けて、星新一先生、藤子F不二雄先生と手を伸ばして読み漁り自分なりに執筆をしていました。

よろしくお願いします❣️

ショートショートの漫画も執筆しています。

漫画ブログ

http://takahaya4.hatenablog.com

 Instagram

https://www.instagram.com/haya4taka32

 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容