117. 涙雨(なみだあめ)

16
15

 とあるアジアの小さな村には通年殆ど雨が降らなかった。その村に暮らす14歳の少女は、弟妹たちの面倒を見ながら勉学に勤しんでいた。だが勉学に没頭する暇など殆どないのが現状で、いつも家族のことや村のことを考えていた。
 雨乞いの儀式は週末毎に行われていたが、雨季がないこの村ではその甲斐虚しく殆ど降らなかった。麦や馬鈴薯等もなかなか育たず、お腹一杯になるほどの食事がいつも摂れない現状に少女は心を痛め、いつも皆が見ていないところで偲び泣いていた。
 その様子をその時上空を通りかかった貯涙通帳担当の神様がたまたま目にし、これは放っておけないとその日から記帳を始めた。翌週から少量ずつだが雨が定期的にこの村に降るようになった。今までの記載されていない涙の量をその神様が想像し、追記してくれたのだ。
 
 雨が降るたびに喜ぶ家族や村人たちを見て、少女が嬉し涙を流すので、以降この村に雨が枯れることはなかった。
その他
公開:18/10/16 08:00
更新:19/02/21 02:16
家族 雨に塩分は含まれていません

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容