スカイダイビングする白衣の天使

22
17

貞子は古井戸の淵から顔を出し、そこから見える高層ビルを眺めていた。

そのビルの屋上から若い女が、飛び降りたのだ。

丑三つ時、古井戸を覗く顔があった。
「ねぇ、ここに住んでるの?」
ビルから飛び降りた幽霊の女だった。
貞子は怨めしそうな顔で女を見た。
「おばさんの相手はいいから帰んな」
「私、麗子。あなたは?」
「貞子だよ」
「あのビル、スカイダイビング流行ってんのよ。いっしょに飛ぼうよ」
「バカバカしい」
「イケメンのお兄さんがインストラクターやってるよ」

貞子はビルの屋上に立っていた。
イケメン幽霊のインストラクターから指導を受け、飛び降りる時がきたのだ。麗子は側から声援を送った。
「貞子がんばって」
貞子は、みんなに優しくされて幸せだった。
貞子は、長い髪を振り乱し、白い着物姿で飛び立った。

そして、翼を広げ、空へ舞い上がり消えた。

「ちょっとォ!なに勝手に成仏してんのよ!」
その他
公開:18/11/02 22:51
スクー スカイダイビングする白衣の天使

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容