夢の架け橋

0
81

 大雪の朝、外に出ると雪の架け橋ができていた。
 空の向こうまで続いている。
 おそるおそる歩いてみると意外と頑丈そうだった。
 どんどん歩いて行くと夢の国が見えてきた。

 もう少しで夢の国に着くという時、うしろから母の呼ぶ声がした。
 行くか戻るか迷ったが、戻ることにした。

 途中で振り返ると夢の国は幻で、ただ橋が途切れていた。
ファンタジー
公開:18/01/31 16:09

K_Ichida( バンクーバー )

小説を書いています。
Amazon著者ページ https://t.co/ZrGUiK7HaJ 
公式サイト http://ichida-kazuki.com 
ツイッター @K_Ichida
使用している写真は全て私自身が撮影したものです。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容