瑠璃の羽

2
108

 彼女は美しい瑠璃色の羽を持つてゐた。
 雄鴉達は挙つて彼女に恋をし求婚した。然し彼女は黙つた侭、どの雄からの求婚にも応じなかつた。  
 其でも雄達は諦めずに毎日求婚を続けた。美しい物、珍しい物、はたまた面白い物、雄達は彼女の気を惹かうと様様な貢物を探して来ては彼女の元に運んだが、やはり彼女は黙つたまま、どの貢物も受け取らなかつた。
 
 或時、一羽の雄が自慢の歌声で彼女の気を惹かうとカーと鳴いた。彼女はやはり黙つた侭だつたが、其を見てゐた他の雄達が、我こそはと競ひ合ふやうに鳴き出した。何十羽、何百羽という雄達がカー、カー、カー、と鳴く。
 すると、突然、其迄ずうつと黙つてゐた彼女が
「ガー!」
 と一声鳴いた。
 酷い濁声だつた。
 雄達は彼女の声の余りの醜さに驚いて一斉に逃げ出してしまつたが、唯一羽だけが残つた。

 ――やがて彼女は美しいラピスラズリの卵を二個産んだ。
ファンタジー
公開:18/03/10 16:46

田中目八( 大阪 )

2017年より俳句を始め、同年創刊の俳句雑誌『奎』2号より同人として参加。
第1回ビバ!ユキオ俳句賞BL部門『いやむしろつきあってない賞』
俳号:目八。
パートタイム労働者及び主に即興を手段とする音楽家(ほぼ休業中)
2018年よりショートショート、超短編も始めました。
仏教瞑想。一日一食。一汁一菜。着物。
たまごサンド、たまご寿司。
愛車はHARRY QUINN Manchester。
https://twitter.com/ConchHailuo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容