【超短編小説】穴

1
2

 焼き上がった祖父の頭蓋骨に小さな穴が無数に開いていた。「空気穴です」葬儀場の人が言う。「中で虫を飼ってらしたんでしょうねぇ」
ホラー
公開:22/06/28 18:11

六井象

超短編小説を中心とした、短い読み物を書いています。その他の短編→ https://tomokotomariko.hatenablog.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容