アルバイト

1
2

「俺めっちゃいいバイトみつけた」

同級生のタカユキは言った。

衝撃の一言に一瞬の沈黙を置いて、思わず「危ないこと?」と聞いてしまった。
タカユキはそれを「違う、違う」と軽くあしらって続ける。

「まあ年に一度だけなんだけど、とにかく簡単なんだ。それに給料もいい」
「いくら?」
「人にもよるけど多いと日に5万以上もらえることもあるかな」

一年に一度とはいえ働かないで一日5万円……。
考えれば考えるほどますます怪しくなってきたので、ついに本題を切り出すことにした。

「それで、仕事内容は?」

タカユキは待ってましたと言わんばかりにしかつめらしく頷いた。

「それは……」
「それは?」

もったいつけるように数秒の間を置いてタカユキは言った。

「正月に親戚めぐりをするだけなんだ」
青春
公開:22/06/24 04:36

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容