糸の海

0
2

ぷつんと張り詰めていた糸が切れた。糸は幾重にもなって私を取り囲む。海に入っていくような耳が籠る感じがする。息苦しい。意識が遠のいた。
目が覚めると妻がお粥を作っていた。
「海を見たんだ」
「最近行ってないね」
微笑む妻の背後、吊り手から彼女へと糸が垂れる。これは怪談ではない。
ホラー
公開:21/01/13 20:37
更新:21/01/13 20:59

とも( 神奈川 )


長く続けることを目標にしております。
今後ともよろしくお願いします。

https://mobile.twitter.com/0nVdSby29LQMzWo
(Twitter)

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容