紫の女

2
3

 道路沿いにその女はいた。とても美しく優しい笑顔の似合う、和風美人の言葉が似合う女だ。ただ、女の装いが奇妙さを引き立てた。
 紫の着流し。帯は赤寄りの紫色。
 一見、幽霊の類とも思ったが、快晴の昼間、よく見ても人間にしか見えないから安心と強引から人間だと思った。
 俺は勇気をだして何をしているかを訊いた。

「人を待っているんです。ヤンチャでどうしようもない男性なんだけど、ここに来るって分かってるから、一緒に行かなきゃならないんです」

 暴力的な男と一緒にいない方がいいと俺は直感した。
 何度もこんなとこに居てはいけないと必死に説得した俺だが、女は頑なに居残る事を選び、俺は渋々帰宅した。

 翌日、女性の居た所で交通事故が起き、飲酒運転の男性が死亡した。周辺住民の情報だと悪評ばかりのクソ野郎だった。

 俺は気になった。
 なぜ女性の遺体は無いのか。

 あの女性は何者なのか……と。
ホラー
公開:20/08/01 17:44
謎の女 事故 奇妙

赤星 治

【投稿したら、Twitterで何作投稿したかを報告します】
短編長編は、エブリスタとノベルアップ+で活動中です。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容