同期テロ-34

4
6

始め河守の目には、所長が屈んだ様に映った。
異変に気付いたのは、壁を離れた中間が、所長の前に立った辺り。同じ姿勢の所長の頭が低くなっている。
「……何だ。何をした中間」
明らかな怯えが声に浮いた。注視して、理解して戦慄した。所長の足が――踝から先が無い。
「時子を失うと、物質がどうなるか教えましたね。要は時化化合物の還元ですから、速度調整も出来るんです」
じりじりと、所長の足は消失していた。脛。膝。腿。時空の底なし沼に嵌まった様に。
「中間!」
掴み掛かった所長を、中間は手首で払った。両手首が消える。
「これは河守の分。貴方は痛くないでしょうけど。破損でなく消失ですから、神経伝達も起きないし、瞬間まで繋がってるから抜け出せません……ああでも」
手の無い腕が喉を掻き、仰け反って吠えた。
「肺と心臓が消えると、脳は知覚するな」
痙攣を繰り返す所長の頭を、中間はゆっくり踏んだ。
靴が床に接した。
SF
公開:19/10/01 21:45
時間=物質と時子の結合=時化 消失=時子の除去=還元反応

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。
小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。
https://amzn.to/32W8iRO

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち
短編集『ショートショート・アソート』Ver.0~5
選集『花神の庭』
詩集『君に伝えたかったんだ。』

ベリーショートショートマガジン『ベリショーズ』
Light・Vol.6・Vol.7参加中

いつも本当に、ありがとうございます!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容