ライラックの香り

3
4

甘い 甘い 何処までも、甘い

深呼吸する度に、ひろがる 切なさよ

胸に手を押し当て。そして。胸元を掴む。

目をつむり、クラクラと頭が揺れる感じ

鼻から吸い込んだ。香りに

身体中がシビれた。

いつまでも、深呼吸を繰り返す

甘い 甘い

香りを身に纏う。あなたに 首ったけ。

その香りを 感じるだけで 幸せ。

胸きゅん

いい歳して、あなたに 首ったけ・・・

悟られないように、見破られないように

書類抱えて、静かに目を閉じ 満喫する

メガネが 傾くから、あまり うつむかずに

分からないように、そっと そっと…

キモイのは承知の上

辞められないんだ

ライラックはあなたの香り

切なくなる。恋の香り

何も言わないから…静かに佇む

あなたが 好きです

それだけです

だから

ひろがり 包まれる 今だけ許して

あなたに 包まれる

ライラックの香り・・・に
恋愛
公開:19/06/05 04:41
意気地無しの詩

k-show( 真夜中蛙 )

2019,3,23
初投稿


ご拝読、ありがとうございます。


(*´ω`*)




 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容