この小説を同士に捧げる

4
4

薄桃色の和紙で作った花びらを、はらり、はらり、木の根元にまいている。

桜は、まだほころぶのにも早い。

涙でにじむ彼の瞳には、春が過ぎて見えるのだろうか。

けれど・・・

「友よ、その木は、桜ではないよ?」

「いいんだ、こいつらに新しい生き方を提案しているところだから。」

マスクの不審者は言った。
その他
公開:19/03/15 18:33
更新:19/03/20 07:53

誰か

心楽しい読書になりますように。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容