No.144 「フリーズ」

8
6

例えば、運命の異性と出会った時。

例えば、結婚前の親を交えた食事会で父親同士が駄洒落を言い合っている時。

例えば、我が子を初めてこの腕で抱いた時。

例えば、ちょっとしたすれ違いで喧嘩して、今、ここ、この瞬間に玄関を飛び出して行こうとした時、「行かないで」と呼び止められる……。


フリーズする。

世界中の時間や概念、自身の小さな自尊心が……全ての事象が完全に止まる。


すぐにそのちっぽけな自分の心に熱湯をかけて、戻す。


「何故、あの食事会であんな冗談を言ったの」墓前で何度も問いかけている。

フリーズされていた何かが解凍され、温かな盆に乗って回答が訪れる。

「それは、決まってるだろ。お前たちを祝福するためさ」

私はまた、フリーズする。全てを包み込む愛の言葉をリフレインさせながら。
その他
公開:19/05/05 07:54
更新:19/08/17 12:34
令和3部作目

ゆっち( 北海道 )

星新一さんを尊敬しています。ショートショートが大好きな気持ちは永遠です。
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容