ありがた犬★

10
12

一生に一度その神宮へ参拝に行くのが人々の夢だった
江戸から片道400km、1カ月かかる長旅だ
金も時間も必要で行けない人が大勢いた

足の不自由な喜作もその一人だ
彼はどうにかお参りしたいと考え、名案を思いついた
代わりに愛犬をお参りに行かせよう
喜作はポチの首に袋をぶら下げ、事情を書いた紙と金を入れた
見かけた人がお世話してくれるだろう
「無事に帰ってこいよ」
ポチは家を出された

『これはありがたい。参拝犬じゃ』
袋をしめ縄で結んだのが功を奏した
見かけた人が本当にエサを与え、宿に泊め始めたのだ
そして半年後、ポチは首にお札を巻いて帰って来た
喜作は涙を流して抱きしめた

その時、驚いたのは袋の中のお金が増えていた事だった
ありがた犬ということで賽銭が集まったのである
喜作はしばらく考えた
そしてシロ・クロ・タロウ・コテツ・ヒナタ・茶々丸にも、しめ縄を結んだ
もちろんポチにも、もう一度
青春
公開:19/01/14 21:08
更新:19/01/27 17:38
最後以外実話

西木( Tokyo/Tokushima )

コツコツ書きます。
皆さんの素敵な作品を読めて幸せです。
1日1話を心がけていますが、意思は弱いです。
自分の気に入ってる話、オススメにはタイトルに『★』をつけています。
179(20190302 オトイレ)

【twitter】
https://twitter.com/fabian_westwood
【hp】
https://away-okuba.amebaownd.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容