夢のあとさき

2
4

 次は君の番だねと、肩を叩かれた。それは決して強い力では無いのにとても重みがある……そんな叩かれ方だった。

 路々と、歩いて走って来た後ろを振り返れば、他の道へ行った人、大きな穴にはまって声だけが聞こえる人、目の前の岩を壊そうとしている人……。少なくない数の人がいた。でも、私の横を一緒に歩いていた人たちは随分と減っていた。

 疲れで自分も、ふっと倒れそうになった時、そっとまた背中を支えてくれるものがある。

 あの人、この人、見知らぬ、でもどこか見たことがあるような人。

 倒れてもいい。でも、この道の先の未知を知りたくば、歩くしかない。

 傾斜はどんどんきつくなり、皆這いつくばるように登っていく。でもその先へ。その先へと。

 自分の満足のいく何かを掴むまでは。

 まだ

 ずっと歩いて、登ってするのだろう。



 夢のあとさきへと。
その他
公開:18/11/05 01:22

おきつね土鍋( 閉架から910の分類番号辺りまで )

図書室に入り浸っていた学生時代から物語のとりこです。マイペースに活動していきます。
作品に使用している画像は、版権フリーのものや、NASAのサイトの商用以外使用可能なものを利用させて頂いております。

アマゾンさんにて販売中 https://goo.gl/QMhGse
Twitter:https://twitter.com/okitune_donabe
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容