完璧なる隠れ家。

0
69

 鳥の鳴き声、静寂を破るは風の音。夜ともなれば月明かりが照らしてくれる。

 森はいい。人間と違って。

 人里離れたその別荘は、日々と隔絶し、自分を自分に立ち返らせる別世界。その扉を開く為にいつもここにいる。

 開かれた扉の前で、静かに筆を取れば、芸術の神アプロディーテが、紙に舞い降りる。

 静かに踊れ筆の舞。胸に溢るる想いを焼き付けてくれ。その為のここは異空間。奔れ想いよ。どこまでも自由に。


 夜が明ける頃には一枚の芸術。それがこの世に姿を表す。

 鏡のように、世界の映し身のように、それはこの世界そのものを表す。情熱の炎を、情念の炎を焦がし、世界に降り立った命を削ったそれは、またどこかの誰かの見た心を燃やす。そのような連鎖を生み出す芸術こそ。ここで生まれ世界へと羽ばたいていく。

 どこまでも静かで、どこまでも熱く。それが彼の為の、彼だけの隠れ家。
青春
公開:18/07/13 23:48

おきつね土鍋( 閉架から910の分類番号辺りまで )

図書室に入り浸っていた学生時代から物語のとりこです。マイペースに活動していきます。
作品に使用している画像は、版権フリーのものや、NASAのサイトの商用以外使用可能なものを利用させて頂いております。

アマゾンさんにて販売中 https://goo.gl/QMhGse
Twitter:https://twitter.com/okitune_donabe
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容